渡バリ病に冒された夫婦(★ぱうだー&☆こぱうだー)の治療日記
by ぱうだー&こぱうだー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ブログジャンル
記事ランキング
最新のコメント
★アラックさん、こんばん..
by tidakapa-apa at 23:17
早々にありがとうございま..
by umi_bari at 21:11
★syougachan、..
by tidakapa-apa at 21:02
★アラックさん、こんばん..
by tidakapa-apa at 21:01
ぱうだーさん&こぱうだー..
by syougachan at 19:52
たまりませんね。活いかが..
by umi_bari at 14:08
★鍵コメ22:33さん、..
by tidakapa-apa at 23:01
★アラックさん、こんにち..
by tidakapa-apa at 10:22
都心の桜も良いですね、お..
by umi_bari at 06:52
★syougachsn ..
by tidakapa-apa at 19:37
カテゴリ
全体
2018年9月渡バリ
2018年7月韓国旅行
2018年3月台湾旅行
バリの芸能
バリの美味しいもの
バリのお宿
バリの風景
バリで見つけたもの
バリで出会った動物たち
バリのSPA
渡バリ情報
バリ以外のリゾート
海外旅行
食いしん坊バンザイ♪
オフ会
なぜか雪山
国内旅行
音楽大好き
TV番組
スポーツ大好き!
ちょっとだけマイラー
etc.
2019年3月渡バリ
タグ
(813)
(324)
(288)
(221)
(112)
(92)
(69)
(60)
(56)
(55)
(55)
(50)
(48)
(44)
(34)
(32)
(30)
(25)
(19)
(18)
検索
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
画像一覧
フォロー中のブログ
ユル・いんしょう派の系譜
エキサイトブログ向上委員会
minum kopi l...
BAGUS!
Kesayangan!
ウブドな日々
BALI GAMELAN...
もひょつんち
バリ日和
バリの月
ばりぼ~♪
.::BALI CHIC...
***よくばり***
毎日更新できるかな
太陽と南の島
il diamante
せいちゃんぷる
しゃっちょさ~んのブログ
VAMOS!
ShinjiのPhoto...
嗚呼!「ぼけなす」の日々よ
すいか。
マシマシライフ
ばりちゅう
うるん日記
a piece of t...
ジンジャー日記
窓を開けて~ただいまお休...
もっと歩々晴天
titiang のまったり日記
ビンタン殴り書き (旧名...
Aquaterrace ...
ベッティーナ
olaola日記
道楽のススメ
旅するねこ毛
マーブル日記
Sky is the l...
まんぼトラベル
MARISのバリ島繁盛記
ウブドの宿Runa Gu...
マジカル☆キャットのまた...
バリ島生活を夢見て・・・...
* Happy Slow...
LAUT BIRU
バリ〜〜スカスカ
カユマニスの香りに誘われて
a window
fufu log
極楽旅☆memo
気ままにオージーLIFE
台湾のたびしおり
ENAK!DAYS
バリバリ食べてる?
Tiny Happy Days
Enchantment ...
Lilyrose☆melody
Travel is my...
花鳥撮三昧
Photographer...
Travel is my...
バリ島大好き
バリ島リンク
ライフログ
最新のトラックバック
Kevala Home ..
from 道楽のススメ
ぱうさん&こぱさんに会..
from 道楽のススメ
http://www.v..
from http://www.val..
クエストホテルトゥバン
from Travel is my l..
バリ島旅行③ー1
from ☆まりも日和☆
ゴータマ
from ジンジャー日記
バリ島旅行②
from ☆まりも日和☆
日馬富士・横綱へ
from Anything Story
ぱうさんこぱさんとウブド..
from 道楽のススメ
バリ&ジャカルタ 2012
from Kesayangan!
"Winter Hawk" Skin
by Animal Skin
カテゴリ:バリの芸能( 48 )
Top▲
私のバリ島との出会い♪
ネタ切れと、ワールドカップ開催ですっかりバリ島ネタから遠ざかってるこのブログ・・・すいません。
今日は私が始めてバリ島を知った時のことを・・・

かれこれ30数年前・・・ぱうだー君がレコード店でバイトをしながらバンドをやっていたころでした・・・
家に帰って自分の部屋でTVを見てて何か面白い番組やってないかなぁ~とチャンネルを変えてると珍しくHNK教育で「アジア民俗音楽祭」の中継を放送していました。
「おぉ~なかなか面白そうじゃのう」(当時広島県に住んでいたもので・・・)
日本では津軽三味線や和太鼓、宮内庁の雅楽・・・
(こんなんが日本の民俗音楽かいのう、始めて見たけどアジアンチックでおもしれぇ♪)
インドはシタール演奏、フィリピンはバンブー・ダンス・・・・なかなか面白くて結構見入ってると
画面には見たことのない衝撃の映像が!
e0039033_23505786.jpg
TVから流れる音楽と踊りに言葉を失ってしまった・・・「す、すげぇ!」
(画像はその当時のものではありません)
解説によるとガムラン音楽の「レゴン・ラッサム」なんなんだろ踊り子さんの目と指先の動き・・・
あわててカセットを取り出しTVの音声を途中から録音した(当時はまだビデオなんてなかった)
e0039033_23564511.jpg
続いて「バロン」が演じられた、もう鳥肌がたった・・・
世の中にはこんな音楽が存在するのかぁ・・・ただ一言「すごい」だけだった。
e0039033_23584079.jpg
たしか3日くらい続けて放送されインドネシアはケチャもあったようななかったような、定かではない。
他国の民俗音楽も楽しめたけどバリ島のガムランにはもうノックアウトされちまいました。
(写真はヤマサリ)

そしてバイト先でカタログを見て取り寄せたLPレコードがこちら・・・
e0039033_023321.jpg
タイトルは「バリ島のガムラン音楽」・・・そのままじゃん
・・・詳しくは「音楽病棟」の「バリ島のガムラン音楽」を参照してください。
その後、数枚ガムランのLPを聴きながら時は流れ30数年・・・あの音楽が耳の奥から消えることはなかった・・・

そして、こぱうだーとの新婚旅行で行き先を選んでいたらパンフレットの中にバリ島があった「あっ!ここ行ってみたい!行って聞きたい音楽があるんだ♪」
こぱうだーは独身時代に一度渡バリ経験があり「なかなか良かったしバリ島でOKだよ」ということでバリ島に決定♪
1999年11月初めて渡バリをし1回で「渡バリ病」に侵され今に至るのでありました。
渡バリ中の「ガムラン鑑賞」がその後の渡バリ病を悪化させてるのは言うまでもありません♪
(こぱうだーにとっては迷惑らしい・・・笑)
Top▲ by tidakapa-apa | 2010-06-18 00:19 | バリの芸能 | Trackback | Comments(12)
「ヤマサリ」公演♪
大好きなガムラン公演・・・前回渡バリ時に一番好きな「ヤマサリ」を久々に見に行きました。
e0039033_22295565.jpg
先日のオフ会の時、酒税が上がってビンタンがかなり値上がりしたというのを聞いたけど定期公演も、のきなみ値上げになったみたいです。
この時(2009年9月)はRp75,000だったけど今はいくらなんだろう・・・
e0039033_22335398.jpg
公演開始まで少し時間があったので楽器を近くで見せてもらいました。
e0039033_22345440.jpg
彫刻も綺麗だしいいですね~ グンデルがほしいです・・・
e0039033_22415657.jpg
いよいよ始まりました!
①おなじみの演奏曲「ウジャン・マス」で開演です。
e0039033_22442338.jpg
②そして歓迎の踊り「プスパ・ラガ」
e0039033_22491922.jpg
③この日は「トペン」が続いて演じられました。
e0039033_22505657.jpg
時々ゲストの方のお面に使わせていただいてるのでお面は見た方もいらっしゃると思います。
踊りはよぼよぼの爺さんらしくて面白いし動きが遅いので写真が撮りやすいですね。
e0039033_22534974.jpg
④そして定番の「レゴン・ラッサム」・・・チョンドンは前にも見たことがある子でした。
e0039033_22561451.jpg
ラッサムとランケサリの二人は随分と可愛い踊り子さんですね、がんばれ!
e0039033_22581839.jpg
⑤続いてはデウィちゃんの「タルナ・ジャヤ」・・・デウィちゃんも、もうベテランの踊り子さんになっちゃいましたね。
e0039033_2321377.jpg
⑥最後は「レゴン・クンティール」・・・この二人の踊りは4・5回目なので安心して観てられます。
e0039033_2342163.jpg
何を隠そう私は名前も知らないけどこの子のファンであります(笑)
e0039033_2364123.jpg
やっぱ撮った写真も多いわ・・・(爆)
e0039033_238327.jpg
お決まりは弓を使ったこのシーンです♪
e0039033_2392942.jpg
そして終演・・・この日はフルメンバーからは演奏者が少なくて少し熱の入り方がさめてたかなぁ・・・
1999年のNHK・BSオダラン生中継の時の衝撃の演奏が忘れられません。
以前は椅子も2列くらいしか置いて無くってお客さんも数人で寂しかったけど(究極はこぱと二人だけの貸切り公演もありましたなぁ)今回は椅子も4列に増えお客さんも14・5人いらっしゃいました。
せっかく内容がいいのでもっと来て欲しいです・・・以前の記事はこちらで・・・「ヤマサリ公演
「渡バリ病棟」推薦公演・・・毎週水曜日はアンドンステージに行きましょう♪

・・・土曜日プリアタンの「グヌンサリ」もすごく良いですよ・・・
Top▲ by tidakapa-apa | 2010-05-17 23:16 | バリの芸能 | Trackback | Comments(8)
ウブド最終夜
今日は時々小雨は降ったものの、時折日がさす天気になりバイクが大活躍!
そうは言っても厚い雲が近くにあり遠出は控えウブド内をあちこち何度となく出かけておりました。
買い物やお昼のブンクス、そして新しく見つけた激痛治療のマッサージ・・・
そしてウブド最終夜、久々に大好きな「ヤマサリ」を見に行きました。
e0039033_0101075.jpg
雨が降ってたら行くの迷ったかもしれないけど月も出てたしバイクでGO!
前回はキャンセルだったので少し心配してましたがアンドン・ステージに着くとすでにお客さんも集まっていて無事公演開始!
e0039033_0121516.jpg
踊り子さんや演目順番が少し変わっていましたが、やっぱり「ヤマサリ」良かったです。
e0039033_0155211.jpg
最後に久々のガムラン公演も見れたし満足で明日帰国できます(-。-)y-°°°
今回はお昼過ぎのMHなので朝一からパッキングして10時にはチェックアウトしなくっちゃ。

クアラ空港での7時間トランジットが辛いけど豪華な「ゴールデン・ラウンジ」をゆっくり探検してまいります♪
それでは帰国したらUP始めますのでよろしゅうにm(..)m
Top▲ by tidakapa-apa | 2009-09-24 00:24 | バリの芸能 | Trackback | Comments(18)
ウブドのジェゴク「スアラ・サクティ」再び!
すでにお休みに入り渡バリされる方もいらっしゃるようでうらやましい限りです!
皆さん気をつけて行ってらっしゃいませ~

私の会社は29日まで出勤なので後ひとがんばりです。
なんとか先程、年賀状の印刷も終わり一息ついてます。

9月渡バリレポもウブド編がそろそろ終了間近・・・
今日のネタはジェゴク「スアラ・サクティ」
e0039033_23362110.jpg
すでに二度ほどUPしてるウブドのジェゴク公演です。
以前の記事は「こちら」と「こちら」をチェックしてね♪
e0039033_12215096.jpg
いつも同じ公演内容なんだけど妙にユーモラスで飽きないんですよ・・・別名ウブドの欽ちゃんバンド・・・
この日も演奏に続いてウェルカム・ダンスが始まりました、少しメンバーが違ってるようですね。
e0039033_12247100.jpg
そしてなんと言ってもこの公演の目玉?「農夫の踊り」この日はダンサーが二人でした、やっぱ三人がいいなぁ・・・
でもいつ見ても楽しい踊りです、多分見た方は一度は帰って振り付け真似るんじゃないでしょうか(笑)・・・写真右のお決まりのポーズ!
e0039033_12265863.jpg
そして声の変わりに竹をたたくジェゴク版ケチャ。
e0039033_12285075.jpg
そしてお姉ちゃん勢ぞろいの「タリ・ブリビス(鴨の踊り)」
e0039033_12322495.jpg
踊りの最後は「ムクプン(水牛レースの踊り)」農夫のダンサーも再登場しての熱演です。
e0039033_1234215.jpg
そしてこのグループの圧巻縦置きジェゴクの登場です!
迫力の低音がステージに響きますねぇ~
e0039033_1236198.jpg
ジェゴクの演奏はとてもまとまっていてユーモラスな踊りに目が行くけどしっかり楽しめるんですよ。
e0039033_1239839.jpg
そして最後は演奏中にステージに上がり迫力の音を体感できます♪
e0039033_12414051.jpg
演奏終了後はお決まりの記念撮影です。
あぁ~楽しかったぁ~♪

ここは毎週 金曜・日曜の2回公演しています、是非楽しんでみてはいかがでしょうか。

公演パンフレットはこちらです・・・
Top▲ by tidakapa-apa | 2008-12-27 23:37 | バリの芸能 | Trackback | Comments(6)
グヌン・サリ公演
9月の渡バリでは土曜日に「グヌン・サリ」を観に行きました。
グヌン・サリを観るのはは今回で4度目くらいかな・・・以前の記事は「こちら」と「こちら」を参考に・・・
e0039033_22371161.jpg
この日はちょうど公演のあるプリ・アグン・プリアタン王宮の上にぽっかりと月が出てきれいでした♪
e0039033_22415820.jpg
メンバーが出てきて、いよいよ公演が始まりますね・・・ワクワク!
e0039033_22455929.jpg
この日は友人のROSI南部さんもちょうど渡バリ中で演奏に参加されています!
e0039033_22501166.jpg
①演奏曲「カピ・ラジャ」に続き
②「ペンデット」(歓迎の踊り)です。
e0039033_22543970.jpg
③「バリス」は始めてみる踊り手でした。
e0039033_2256222.jpg
④そしてお気に入りの「クビヤール・トロンボン」でしたが残念ながらこの日はデワ・ニョマン氏ではありませんでした。(アグン君ごめんち~)
e0039033_22582767.jpg
そしておなじみの⑤「レゴン・ラッサム」と続いていきます。
e0039033_230294.jpg
おぉ~っと今夜はラッキー!ラッサム王はユリアティが演じていました(^ε^)♪
動きが早く写真ブレブレですいません・・・
産後とは思えませんねぇ~やっぱり娘さんもいずれはブナリ(踊り手)でしょうかね?
e0039033_2323711.jpg
⑥演奏曲「ガンバン・スリン」に続き
⑦「オレッグ・タムブリリンガン」妖艶ですなぁ~
e0039033_2345042.jpg
⑨そして「バロン」で終演となります。

さすがに円熟の演奏は安心して楽しむことが出来ます、土曜の公演はグヌン・サリで決まりですね♪

公演終了後、ROSI南部さんと打ち上げに行った先は・・・
e0039033_2392944.jpg
同時期に渡バリされてた謎の美女もいっしょに「バリ好きオヤジの会・ミニオフ」となりました!
・・・つづく

「グヌン・サリ」の公演パンフレットはこちらです・・・
Top▲ by tidakapa-apa | 2008-12-10 23:14 | バリの芸能 | Trackback | Comments(4)
「スダマニ」来日決定!
まだ見ぬガムラン・グループの中でも大好きな「Cudamani」の来日が決定しました!

スダマニ・ジャパン・ツアー 2008
8月16日(土)・17日(日):東京 アサヒ・アート・スクエア
7月下旬~8月上旬 大阪、福岡公演

2005年にも来日公演があったんですが、その時は行けなかったので
今回は是非行ってみたいと思っています♪

Cudamani」はウブド、プンゴセカンのグループです。
ワークショップとかは行っていますが、残念ながら定期公演は行っていないのでなかなか演奏を見る機会がありません。
古典のガムラン楽曲を復活させたりと芸術色の濃いグループです。
詳しくは日本語のHPがあります・・・「こちら
CDは発売されています↓
e0039033_23271644.jpg

スダマニ・オリジナルCD「Cudamani」(Vital Records 440:2002年)
<収録曲>
1.「Geregel」・・・途中のスリンが日本の祭り囃子みたいで、とても愛着の湧く曲です。スダマニのテーマ曲的存在でしょうか。
以前、バリの番組でもこの曲が演奏されてました。
2.「Pengastung Kara
3.「Legong Candra Kanta」・・・おなじみのレゴンですが、古典のこの曲は定期公演などで演奏されることは、余りありません。
途中の争う場面のフレーズが好きで流れるような旋律に聞き入りますねぇ・・・
4.「Topeng Tua」・・・トペンの曲で白髪じいさんが出て来るやつです。
5.「Taruna Jaya」・・・公演などではおなじみのこの曲ですが、ここでの演奏は、いつもの聞き慣れた演奏に入るまでの前奏が長く、普段聞けないフレーズが聞けて貴重ですね〜

※このCDは輸入版のためライナーノートが英語でちんぷんかんぷん・・・
演奏編成は「SEMARA DANA」と書いてあるのでスマラ・ラティと同じ「スマル・プグリンガン」の流れを汲む7音階のものと思われます。(詳しく判ったら後で編集しておきます)
演奏は旨く、安心して聞けるCDでお薦めです。

日本のミュージシャンUAも共演しています・・・「SUN/UA

貴重な演奏が日本で見れるなんてラッキー!
ちなみに、このグループを日本に紹介したのはROSI南部さんです。
Top▲ by tidakapa-apa | 2008-05-29 23:11 | バリの芸能 | Trackback | Comments(6)
ガンガ・サリ/グヌン・サリ共同公演
3月17日プリアタンにて・・・
e0039033_23273842.jpg
19:30いよいよ公演が始まります・・・わくわくっ♪
ステージに楽団が登場、左が「ガンガ・サリ」右が「グヌン・サリ」です!
e0039033_22191730.jpg
①演奏「タブガリ」/ガンガ・サリ
②演奏「カピ・ラジャ」/グヌン・サリ

2曲の演奏が終わるとガムラン音楽の構造をわかりやすく解説したワークショップMCが入ります。
単独での楽器の音を聞く機会が無いのでおいしいかも・・・
少しづつ音が重なっていく過程がおもしろかった(説明は英語とイネ語なのでさっぱりわかりませんが・・・)
e0039033_2229495.jpg
③「ペンデッド」/グヌン・サリ
e0039033_22351989.jpg
演奏が終わると今度はバリ舞踊のワークショップMCが入ります。
プリアタンの有名な舞踊家グスティ・ラカ氏(天才マリオ氏から直接指導を受け、オレッグ・タムリリンガンを最初に踊った人)がおチビさんをしごきます(笑)
e0039033_22403812.jpg
④「クビヤール・トロンボン」/グヌン・サリ・・・ROSI南部さんも好演中です!
e0039033_22414976.jpg
観客は招待された方と近所のロコで後まで満員状態!(200人以上・・・すごい!)
演奏も踊りもいつも以上に気合が入っているのがわかります。
なんともいえない緊張感に包まれた演奏、舞踊が続きます!
e0039033_22454239.jpg
⑤演奏「スカールゲンドット」/ガンガ・サリに続いて
⑥「レゴン・ラッサム」/ガンガ・サリ
e0039033_22503235.jpg
⑦「トペン・ジャウック」/ガンガ・サリ
ガンガ・サリの演奏中ずっと鋭い視線を送るチョ・アリ氏・・・果たして今日の演奏は合格点か?
e0039033_22542183.jpg
⑧「オレッグタムリリンガン」/グヌン・サリ
e0039033_2257324.jpg
グヌン・サリの演奏も何度も聴いてますが今日はかなり気合入ってました、ROSI南部さんも真剣そのものです(いつもの酔っぱらいとは別人?)
e0039033_2321100.jpg
⑨「バロン」/ガンガ・サリ・・・いよいよ最終演目となりました。
e0039033_2342771.jpg
ガンガ・サリ」楽しみな楽団が出てきたものです!
スマルプグリンガンの音色も最高に気持ち良かった、お披露目の初演に立ち会えたことは最高の誕生日プレゼントになりました♪
今後のガンガ・サリの成長過程を見守って行きたいと思います。

一方のグヌン・サリもゴングピヤールの迫力満点の演奏、しっかり聞きとめましたぜぃ♪
久々に鳥肌ものの公演、もう最高の演奏でしたぁ!
e0039033_2319045.jpg
この日は終わったのがたっぷり2時間後の21:30でした。

この公演は見逃してはいけません!
詳細はこちら「PELIATAN TOURISM BOARD」に詳しく載っている模様(英語なもんで)
本公演は月曜予定でブッフェの夕食付きとなる模様です。
詳細が判ったら追記していきますね・・・

一緒に公演を観た、ねこ屋の旦那さんが「画像付きでレポ」されてますのでTB!
Top▲ by tidakapa-apa | 2008-05-08 23:28 | バリの芸能 | Trackback(1) | Comments(14)
新しいガムラン・グループ「ガンガ・サリ」
ウブドには定期公演を行っているたくさんのグループがあります。

今回の渡バリで一番楽しみにしていたのが新しいガムラン・グループ「ガンガ・サリ」です!
e0039033_419449.jpg
このグループは私の大好きな「ヤマ・サリ」のリーダー、チョ・アリ・ヘンドラワン氏が新しく楽器を作り結成したスマル・プグリンガン(かつて王宮で演奏されていた古典的編成の楽器群)の楽団です。(写真はチョ・アリ・ヘンドラワン氏)
e0039033_4301339.jpg
この新しい公演は通常の定期公演と違って「グヌン・サリ」との合同公演で一度に二つのグループの演奏が楽しめる公演なんです!
そして3月17日、くしくも私の誕生日が「ガンガ・サリ」のデビューとなりました♪
e0039033_1355836.jpg
お披露目公演は「プリ・アグン・プリアタン」で行われました。(※正式な公演場所はここではありません)
この日は正式な公演前に関係者や地元の方を招いてのお披露目公演でした。
ROSI南部さんから連絡をもらいチョ・アリ氏が私たちも招待してくれるというので早々に会場に行きました。
e0039033_1395531.jpg
椅子も置かれ楽器を運び入れるガンガ・サリのメンバー・・・いよいよ期待の公演が観れるとあって胸が高鳴ります!
e0039033_1344635.jpg
私の友人でありガムランの師と仰ぐROSI南部さんです。
(彼はチョ・アリ氏に認められた「ヤマ・サリ」のルバブ奏者です)
今回はガンガ・サリのメンバーとしてリハーサルから参加してましたが、この日は急遽グヌン・サリのメンバーとして参加することになりました。

ROSI南部さんは自己ブログ「ビンタン雑記」で結成のいきさつを詳しくレポされてます。
結成秘話・・・・・「新しいスマル・プグリンガン、本格始動!
リハーサル風景・・・「ガンガ・サリ/グヌン・サリ共同公演開始
e0039033_13181622.jpg
そして図々しくも最前列のど真ん中に陣取り開演を待つことに・・・

次回は公演内容を詳しくレポいたします・・・つづく
Top▲ by tidakapa-apa | 2008-05-06 04:43 | バリの芸能 | Trackback | Comments(8)
ヤマサリ公演
私の一番のお気に入りのガムラン公演は「YAMA SARI」です。

以前にもこのブログで公演の模様をUPしています・・・「2004/09/15」「2006/07/12」参照

e0039033_21415890.jpg

そして今回もヤマサリ公演を見に行きました。
毎週水曜日:アンドンステージです!
5回目となった「2008/01/16」の公演の模様です。
e0039033_214439100.jpg
この日はヤマサリ公演を見始めて、はじめてルバブ奏者が参加しています・・・楽しみです!
右はリーダーのチョコルダ・アリッ・ヘンドラワン氏です。
①ヤマサリといえば「ウジャン・マス」・・・この演奏で公演は始まります。
e0039033_21571056.jpg
②歓迎の舞「プスパ・ラガ」・・・この作品はオリジナルです。
e0039033_21591079.jpg
③どこでもおなじみの「レゴン・ラッサム」はこんなストーリーです。
やはりユリアティくらいの花形スターがいないと、ちょっと寂しい・・・
e0039033_2225998.jpg
④そしてこの日のハイライト「バリス」です!
なにがハイライトかと言いますとこの踊り子、いいんです!
ヤマサリのバリスといえば天才少年ボボ君がいましたが、生で見ることなく引退?
数人が入れ替わり演じてましたが、この日は出てきた時から「おぉ~!」・・・
まだ荒削りですがメリハリがあって踊りに見入ってしまいました、久々に良いもん見ました。
e0039033_22133377.jpg
後でROSIさんに聞いたところ、ルバブ奏者のギナさんのお孫さんだそうです、将来が楽しみですねぇ。
e0039033_22173074.jpg
⑤そしてヤマサリの定番「レゴン・クンティール」安心してみてられます。
e0039033_2219023.jpg
⑥この日は珍しく「オレッグ・タムリリンガン」・・・ヤマサリ公演では演じられてるのは知ってましたが、はじめて観ました。
e0039033_22214540.jpg
華のある踊りでいいですね~(思いっきりブレちまってる・・・スミマセン)
e0039033_2224256.jpg
最後は男性が出てくるんだけど、この日は女性が演じてました、珍しぃ~

何度観ても飽きませんなぁ~バリスの子、がんばってほしいです。

まだUPしてなかった昨年の公演はこちら!
Top▲ by tidakapa-apa | 2008-02-26 22:39 | バリの芸能 | Trackback | Comments(8)
新しい定期公演を観に行きました!
ウブドの日曜日、「定期公演スケジュール」で見つけた新公演(ポンド・ペカッ)を観ようと会場に行ったらいきなりキャンセル・・・tidak apa-apa
別の公演会場に移動中に路地の入り口に看板発見!e0039033_21572139.jpg

まったく知らないグループです。
この公演、後で確かめたら先のスケジュール表に載っていなかった・・・
どのくらいのグループが定期公演(不定期も含め)やってるのでしょうか?
SEKAA GONG SEMARA KANTI
e0039033_2263826.jpg
会場はスマラ・ラティでおなじみのデサ・クトゥー寺院です。
さすがに椅子の数は少なめですね。
e0039033_22102276.jpg
まずはステージのお清めから始まりました。
お坊さんでしょうか?演奏時の語りもやってました、なかなか芸達者です。
e0039033_2216416.jpg
①「ガムラン演奏」に続いて
②「ガボール」歓迎の花巻きの踊り
e0039033_22233814.jpg
③「バロン」と続いていきます・・・演奏はちょっと若い感じがします(下手ではないですよ)

④そしてメインの「スンダ・ウパスンダ」(インドの叙事詩「マハーバーラタ」の物語)
e0039033_22393839.jpg
第一幕・・・王の召使いに続き、兄のスンダと弟のウパスンダが登場します。
e0039033_22492643.jpg
どっちがどっちだかわかんないよう・・・
e0039033_22535893.jpg
第二幕・・・瞑想に入った兄弟・・・神々は強大な魔力を手に入れた兄弟に国を征服されるのを恐れ、美しい天女ニロタマを遣わし兄弟王を誘惑させます。
e0039033_22593185.jpg
私も誘惑されたいものです・・・
ニロタマの美しさに魅せられ瞑想を中断し、彼女を手に入れようと兄弟同士で争いをはじめます。
e0039033_2302033.jpg
そして第四幕・・・兄弟王は魔力を使い、自らの姿を死ぬまで戦い続ける魔女へと変身します。
e0039033_235850.jpg
もう一人はバロンに変身、戦い続けます。
e0039033_2363365.jpg
ここからはチャロナランを見てるようでした。
e0039033_2373841.jpg
そして最後に全員揃って、ご挨拶です。
なかなか面白くて楽しめました、たまにはこういうのもいいね。
お気に入りのグループの合間に新しいグループの公演もチェックしないといけませんねぇ!

公演に満足し、晩御飯は「カフェ・キタ」に向かいました・・・つづく
Top▲ by tidakapa-apa | 2007-10-29 23:13 | バリの芸能 | Trackback | Comments(14)
| ページトップ |